製品概要

WIEN2k は、密度汎関数法( DFT )による固体の電子構造計算プログラムパッケージです。ポテンシャル形状に球対称近似(例、マフィンティン近似)を使用せず(no shape approximation:フルポテンシャル化)、線形化された拡張平面波法に局在軌道を拡張した (L)APW+lo 法を採用しており、高精度なバンド構造計算が可能です。

DFT 計算において、局所(スピン)密度近似( LDA )もしくは、一般化された密度勾配近似( GGA )の改良版を使用することができ、また相対論効果を考慮した全電子計算が可能です。その他にも数多くの機能が提供されています。

計算可能なプロパティ

◎エネルギーバンド および 状態密度
◎電子密度 およびスピン密度、 X 線構造因子
◎Bader らによる "atoms-in-molecule" ( AIM )法,
◎全エネルギー, 力, 平衡配置, 構造最適化, 分子動力学(Nose Thermostat)
◎フォノン, K.Parlinski の PHONON プログラムへのインターフェイス
◎電場勾配, 異性体シフト, 超微細場
◎スピン分極(強磁性または反強磁性構造), スピン軌道結合
◎X 線放射と吸収スペクトル, 電子エネルギー損失スペクトル
◎光学的性質
◎フェルミ面
◎LDA, GGA, meta-GGA, LDA+U, 軌道分極
◎中心対称または非中心対称性を持つセル, 230 の全空間群をビルトイン

グラフィカルユーザインターフェイスとユーザガイド

ユーザフレンドリーな環境 w2web ( "WIEN to WEB" )を利用し、各アプリケーションに対応した入力ファイルの作成と編集が可能です。また、電子密度や DOS のプロット等の各種操作のガイド機能も付属しています。

ユーザガイド( 200 ページ超、 pdf および html 版)では、基本的な操作方法と入出力ファイルの詳細が解説されています。

開発元:オーストリア TU Vienna